近ごろのよかったこと(2017.7.2)

JBL Everest 100

ついに、Bluetoothデビュー。iPhoneを買い換える予定はないけれど、iPhoneのイヤホンジャックが復活するともおもえず、先行投資的な意味も込めて購入。以前から、Bluetoothのスピーカーが買いたかったのだけど(Bang & Olufsenの小型のスピーカーに興味あり)、わたしの部屋では大音量は無理なので、結局はイヤホンに落ち着いた。

無線に憧れた理由は自宅で映画を観るときに線が煩わしかったから。だいたいは画面の前にいるのだから、線が有ろうが無かろうが変わらないだろうとおもうのだけど、使い心地は格段にストレスフリー。懸念だった遅延などもなかった。よかった。

音質の満足度はそれぞれだからわからない。個人的には満足だった。これよりも安めのやつをいくつか試したけれど、それは微妙だったのでこれに決まった。触覚が生えてるけれど、邪魔なら外せる。

20センチュリー・ウーマン

監督は、マイク・ミルズ
シングルマザーのドロシアは、思春期の息子・ジェイミーの教育に悩み、ルームシェアで暮らす写真家・アビーと、ジェイミーの幼馴染・ジュリーに助けを求める。「複雑な時代を生きるのはむずかしい。彼を助けてやって」と。

映画や音楽、アート全般は基本的には人生に不必要だ。ただ、圧倒的に必要なものだともおもう。それらの尊さを描いてる映画だと感じた。思春期のころに、あんなに感性の豊かな女性たちから音楽や映画を教わったら、今後の人生に大きな影響を及ぼすだろうなあ。自伝的な物語らしいし、マイク・ミルズが羨ましい!

環ROY『なぎ』

フリースタイルダンジョンには興味も関心もゼロだけど、ヒップホップを少しずつ聴くようになった。音源を買ったのは初めて。ヒップホップ界からも浮いてるっぽいから、うかつにヒップホップを聴いてるとは言えないけれど、聴かないひとの入り口にはもってこいのアーティストかも。トラックも洒落てるし、映画の劇伴も手がけてるし、今度の公演もダンサーとの共演だし、活動の幅が広い。ライブも見たいな。

他にも収録曲のMVがいくつかアップされてるっぽい。
興味が湧いた方はそちらもぜひ。