フォークロア

2017年1月18日 水曜日

仕事は早朝から。慣れない時間帯に働いたからか、身体は本調子とは程遠かった。「ねむい、ねむい」と寝言を言いつつ、定時で退勤。神田へ。定例のメンツで立ち飲み屋と、モンゴル料理のお店《味坊》にて、羊肉を食らう。羊肉のクミン炒めと塩茹で、パクチーと青唐辛子のサラダ、ニラと卵のおやき(おやきの皮を被った餃子だった。すなわち、ニンニクの兵器)、赤ワイン。おいしかった。

2017年1月19日 木曜日

休日。昼過ぎに『ドント・ブリーズ』を見る。予告でも十分におもしろさを感じられるが、そのおもしろさは本編の序盤程度だと言っても過言ではないだろう。今作に関しては、どれを書いてもネタバレにつながりそうなので、感想は割愛。怒涛の展開を劇場で楽しみましょう。
夜、EGO-WRAPPIN'とクラムボンのライブを中野サンプラザにて。チケットには「0列」との表記があったが、そんな列は見当たらず、ホール内を半べそで彷徨う。自力での捜索を諦めて、スタッフさんに尋ねると「ここですね」と、あっさりと導かれた。しかも、あまりに至近距離の好立地に男泣き。感動だった。
先攻のエゴはしっとりと歌い上げるアダルトな雰囲気の楽曲が中心のセットリスト。エゴのライブは初見だったので、「EGO-WRAPPIN'らしい」アゲに徹するライブを見たかったのだが、よっちゃんの歌声が際立つ音楽が聴けたのは素直にうれしい。後攻のクラムボンは鉄板のセットリスト。冒頭の「NOW!!!」「シカゴ」「サラウンド」「波よせて」の流れだけでも最高でしょう。
クラムボンは不思議なバンドだなとおもう。演奏がうまいとか、歌がうまいとか、そういうところとは異なるところで、圧倒的な訴求力を感じる。彼らの多幸感の正体はなんなんだろうと、いつもおもうのだった。
かっこいいおとなになりたい。