編まれた白波

2016年12月11日 日曜日

仕事が忙しかった。帰りに《えるえふる》にて、お酒を一杯だけ。
バイスサワー、蒸し鶏の味噌漬けみたいなやつ、チーズのにんにく醤油漬け。

2016年12月12日 月曜日

下北沢の《Nietzsche》を覗きたかったが、お店の明かりは消灯。定休は水曜だったはずだが。残念におもいつつも、すぐに帰るのも癪なので下北沢を散策。小腹もすき、夏くらいにオープンした中華そばのお店《こてつ》に初訪問。温かいおそばのようなやさしいスープが染み渡る。きれいな中華そばだった。再訪は確定。さっさと帰宅。夜勤。

2016年12月13日 火曜日

休日。きのうのリベンジ。やはりお店の明かりは消えている。不思議におもったので、お店に電話。なんと、通じた。電話越しのスタッフさんは風邪っぽいようすで、実際にお会いしたときも体調が悪そうだった。いつもはお店で雑談くらいはするのだが、きょうは申し訳なさもあり、さっさと退店。スヌードを購入。

2016年12月14日 水曜日

休日。鎌倉へ。きのうも、これから先も快晴の予報が続くのに、まさかの雨天。しかも、友人の写真の撮影に付き合うという予定にもかかわらず。日がな一日、まばらな雨が降り、落ち着いたのは夕方くらいだろうか。昼食は《OXYMORON》にて、おいしいカレーをいただく。真っ昼間からビールも飲んだ。最高だ。
今回、わたしはひたすら写真を撮られたのだが、あんなに写真を撮られたのは幼少期以来だとおもう。由比ヶ浜は冬でもサーファーが多くて、波に乗る彼らをバックにシャッターを何度も切られた。お世辞にもきれいな海岸とは言えないが、砂浜からの眺めは好みだ。
夜は藤沢でお酒を飲んだ。九州料理のお店に入ったら、18時過ぎの入店なのに売り切れのメニューが続出。平日の来客数の読みが甘すぎるだろう。消化不良を感じつつ、お蕎麦のダイニングバー《ZARUBAKU》へ。こちらでは、おでんを肴に日本酒を舐めて、適度に酔っ払った。しかし、満腹で肝心のそばを逃したので、次回こそは。
帰りに代官山に降り立ち、イルミネーションを冷やかして、終電で帰宅。

2016年12月17日 土曜日

夜、LOSTAGEのライブを見た。ツバが飛んでくるほどの近さで、心臓が滾る暑苦しいライブを堪能。最高だった。帰り際、懐かしい顔ぶれと会えたのも楽しくて、学生に戻ったような気持ちに陥った。
夜を引き延ばしたかったので、西荻窪の某店へ。「お客さんが来ません」という旨のツイートを見かけたが、お店に着いたときには残席は少しで「おい!」と、おもった。どうやら、常連が多かったらしい。
音楽や映画の話に花を咲かせるのは楽しいが、知っていることに変な自負があるひとは苦手だ。共通の好みのひとたちと話せるのはうれしいことなのに「わたしはこれを知っている」感を出されると、「いやいや、そういう自慢がしたいんじゃないんですよ」と、おもうのだった。むずかしいですよね、好きなもののことを話すのは。

広告を非表示にする