読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回路

2106年11月6日 日曜日

午前中に実家から物資が届く。おもに食材。お米や野菜、果物など。近ごろは自身でも果物を買うようになったが、優先順位が高いわけではないので、届くとありがたい。朝食を兼ねた昼食は、小松菜の炒め物、豆乳のスープ。
『クリーピー 偽りの隣人』を見る。香川照之がヤバい。思い返せば、初見は『ゆれる』だったとおもう。そのときから「この役者はヤバいおじさんを演じさせたらかなりヤバい」とおもっていたが、年齢を重ねるごとにヤバさも積み重なり、今作のヤバさは真骨頂だった。
黒沢清の作品にそんなに触れたことがなかったのだが、光と陰の写し方が上手いというか、それを演出に変える手腕がすごいというか。キャンパスでの取調べのシーンは震えた。
香川照之のヤバさは前述の通りなのだが、西島秀俊の演技もよかった。『凶悪』の山田孝之にも通ずる「自身は正常だとおもっているけれど、客観的に見ればお前もかなりヤバい」という演技。むしろ、主要なキャラクターのほとんどがサイコパスに見えるので、人間は怖いの一言に尽きた。今年の邦画はあらゆる意味でのバイオレンスな映画が豊作。どこかの名画座で『葛城事件』も始まる。見ねば。
仕事は夜から。面倒なことが多かった。
夜食は、持参の豆乳スープ、コンビニのおにぎり。

広告を非表示にする