読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近未来

2017年1月16日 月曜日

ささくれがひどい。小さな冬将軍が指を這い、ツメと皮膚の境目に槍を突き立てるのだ。コートの袖口がかすれるだけでも、わずかにめくれあがる指の薄皮にうっすらと痛みが走る。早朝の帰宅だったが、きょうの予定は免許証の更新と決めていたので、昼前にはさっさと起床、外出。神田運転免許更新センターに向かう。

年始に現住所と身分証明書を某所に送る必要性が生じ、そのときに免許証の更新の時期が訪れていたことに気づいたのだった。今月の末までの期限で、なおかつ、ハガキも届かなかったので、このときに気づかなければ、いまでも気づくことはなかっただろう。更新はあっという間に終わり、わたしはゴールド免許という名のペーパードライバー認定をいただいた。
ひさしぶりに神保町を歩き、本を眺めたり、めくったり。喫茶店に寄ろうかともおもったが、空腹が上回る。がっつりと山盛りのラーメンをいただいた。食後、ディスクユニオンに立ち寄り、UA x 菊地成孔cure jazz』を購入。さらに渋谷に移動。駅前のツタヤにて、漫画への欲望が爆発。未購入だった『甘々と稲妻』と『サザンウィンドウ・サザンドア』をゲット。もちろん、今夜の肴はこれらの漫画。お酒を飲みつつ、漫画を読みつつ、夜を過ごす。

フィンランドから手紙が届く。海外から郵便物が届くのは初めてだ。まず、届いたことに感動を覚えた。「届くんだなあ」と。バカっぽい感想なのだが。今年は手紙を送る機会を増やそうとおもっているので、入門的な意味でも初心者用の万年筆も買った。慣れないが、にじんだり、かすれるのも手書きの味なのだ、きっと。

広告を非表示にする

喉を労わる

2016年12月21日 水曜日

本日より連休。世間が連休に入る手前に休んどけということだろう。元々は、ZAZEN BOYSのライブのための休みだったが、予定を映画に変更。『ファンタスティック・ビースト』を見る。わたしはハリポタのドラマの部分よりも、魔法が実在する世界観が好きなので、正直に言えばキャラクターには愛着がない(しかし、シリウスやベラトリックスは好きなキャラクターだ)。今作では単純に新たな魔法の世界を見られたので、十分に楽しめた。魔法生物の造形もおもしろい。
映画を見るまえ、サバの味噌煮が食べたかったので、お気に入りの定食屋に寄ったのだが、偶然、職場の奥様に会った。安くて、美味くて、ボリュームに定評のある定食屋にはもっとも不似合いな知り合いとの邂逅だった。

2016年12月22日 木曜日

朝、起床と同時に「シネパレスはメンズデーなのでは!」と、気づく。気づいたので、渋谷に出向いた。目的は『アズミ・ハルコは行方不明』。十代後半、二十代前半、アラサー(「二十代後半」と書かないのは自身に対するトゲだ。女の子の映画だが、男にも刺さる)のために描かれた女性の映画だった。年齢的にしんどいところも多く、なおかつ、男への復讐が題材のひとつだが、個人的には物語の後味が爽やかに感じたことが印象的だった。

2016年12月24日 土曜日

好きなひとに会う。
これまでと、今後の話など。

2016年12月28日 水曜日

年の瀬の恒例、家族とのお出かけ。今年は上野動物園だった。年内の最後の営業日だったからか、動物たちのサービスが過剰だった。パンダはハンモックで遊び、ゴリラはドラミング、シロクマは水中を回遊。「中身が人間の着ぐるみなのでは?」とおもうほどには我々の求めていることがご承知の動物たちなのだった。
夕飯は鶏肉の料理のお店だったのだが、コース料理に鶏肉を用いた料理は少なかった。なぜ。炊き込みごはんは鯛で、すき焼きは牛肉だった。なぜ。すき焼きに割下が注がれずに焼かれる事件が起こり、危うく、すき焼きが焼肉に変わり果てるところだった。おもしろかった。
家族に「よいお年を」と言うのはエモい。
年末年始は実家で過ごしたいですね。

2016年12月31日 土曜日

30日で仕事納め。今年もお疲れさまでした。
本日は誕生日だが、実家に帰るには日にちが短く、こういう日(誕生日というよりも、大晦日を)を一人暮らしの小部屋で過ごすのは虚しさを感じる。まさか、大晦日に映画館に足を運ぶとはおもわなかった。今年の映画の締めは『ローグ・ワン』。切なかった。年末なのに湿っぽい気持ちに。よいですね。
夜は、近所の友人らと過ごす。お酒を飲んで、ケーキもいただいて、紅白歌合戦を見た。思い返せば、こういう年末はひさしぶりで、さらに言えば、友だちと誕生日を過ごすのは初めてだった(CDJなどのイベントは例外)。23:58に年越し蕎麦をすすり、無事に新年。遠方の友人ともLINEの通話で新年の挨拶と杯を交わす。文明の利器には感謝ばかりだ。
今年の目標は表題のとおり。
来年も楽しみましょう。

広告を非表示にする